あさとら 投資日記

ピーターリンチやオニール、ミネルヴィニ、ダグラスを参考に、モメンタムに新高値を週足ベースで狙います。

新高値銘柄のチェック

 

新高値を超えてきている銘柄

こうしてみてきていると、5月11日を境に、S高か、GapUpで始まっている銘柄が多い。共通した買い手なのだろうか?マクロ的な状況なのだろうか?

 

追加 UT 2146

 継続保有 ペッパー、RIZAP

 

 

9790 福井コンH

9790 福井コンピュータホールディングス | 企業情報FISCO

〈業務内容〉

測量土木CADや報道機関向け出口調査システムなどを手掛ける。17.3期3Qは「ARCHITREND VR」の引き合い増加。「TREND-POINT」など好調で測量土木CAD事業が業績けん引し大幅営業増益。 記:2017/03/07

 

SBI中小成長株ファンドが購入しているので、いつも気になっている。

EPS成長率に対して、PERが高すぎないか?とも思ったりしているが、安定的と観られているのだろうか。

 

f:id:AsadaTora:20170521012749p:plain

 

 

 

 

3288 オープンH 東証1部
不動産
\3,425 +110
(+3.3%)
 

 

これは既に5月11日ぐらいから急速にブレイク中。

f:id:AsadaTora:20170521012907p:plain

 

 

3053 ペッパFS 東証2部
卸売業
\3,200 +125
(+4.1%)
432.5

4月25日ぐらいからブレイク。もう少し買えればよかったのだが、仕事等もありゴタゴタしている内に、S高に。

NY店の成功により、投資家層が拡がるのではないかと考えている。以前、タコスの会社で、アスラポート・ダイニングが爆発した時と同じではないかと連想している。

 

3053 ペッパーフードサービス | 企業情報FISCO

 

〈業務内容〉

ステーキ店「ペッパーランチ」を運営、12月末店舗数は403。牛たん業態のほか、新コンセプトとなる炭焼ステーキ専門店「いきなりステーキ」を育成へ。新業態の新規出店など進め17.12期は2ケタ増収益見通し。  記:2017/03/10

 

決算期 売上 営業利益 経常利益 当期純利益 EPS EPS成長率 配当
13.12期 単 実 5,686 204 209 151 53.13   -
14.12期 単 実 8,791 578 575 502 172.88 325% 20
15.12期 単 実 16,198 761 760 411 44.04 25% 45
16.12期 連 実 22,333 958 973 572 58.53 133% 20
17.12期 連 予 28,673 1,373 1,344 760 76.55 131% 20

 

 

FISCO業績予想

3ヶ月後
予想株価
3,500円
低価格ステーキ店「ペッパーランチ」を運営。SC内のフードコートなどを中心にフランチャイズまたは直営・委託により全国展開。ビジネス街中心に立食スタイルでステーキを楽しむ新業態「いきなり!ステーキ」が成長中。

17.12期1Qは「いきなり!ステーキ」が好調に推移。年間出店40店舗を計画。会社通期業績計画を早くも上方修正。4割超の営業増益見込む。株価は業績好調を反映し急伸も、引き続き上伸トレンドを維持すると予想。

 

ペッパーは急反発し年初来高値、「いきなり!ステーキ」の4月既存店売上高が2カ月ぶりプラス

 ペッパーフードサービス<3053>が急反発し、年初来高値を更新した。同社は17日、4月の売上高実績を公表。主力の「いきなり!ステーキ」事業の既存店売上高が前年同月比21.5%増と、2カ月ぶりに前年実績を上回ったことが好感されているようだ。
 また、「ペッパーランチ」事業の既存店売上高は同12.8%増で、3月の伸び率(9.7%増)から拡大。「レストラン」事業は同3.9%増とプラス圏に浮上している。

 

 

ということで、いきなりステーキに注目しやすいが、ペッパーランチの堅調さも評価ポイント。

f:id:AsadaTora:20170521013018p:plain

 

 

 

 

 

3040 ソリトンS 東証2部
通信
\1,120 +108
(+10.7%)
597.0

これも5月から。

 

f:id:AsadaTora:20170521013555p:plain

 

 

6639 コンテック 東証2部
電気機器
\1,315 +107
(+8.9%)
109.2

f:id:AsadaTora:20170521014110p:plain

 

 

4849 エンJPN JASDAQ
サービス
\3,110 -30
(-1.0%)

f:id:AsadaTora:20170521014248p:plain

 

3547 串カツ田中 マザーズ
小売業
\7,200 +440
(+6.5%)

かなりゆるりとだが。

 

3547 串カツ田中 | 企業情報FISCO

 

健康志向から外れるので、投資しにくい。。。 

 

f:id:AsadaTora:20170521014832p:plain

 

 

2146 UTグルプ JASDAQ
サービス
\1,646 -5
(-0.3%)

 

EPS伸び率も高い。人材関連と業界も良い。右肩上がり。


 

2146 UTグループ | 企業情報FISCO

決算期 売上 営業利益 経常利益 当期純利益 EPS EPS成長率
14.3期 連 実 30,779 1,824 1,754 934 23.96  
15.3期 連 実 36,478 2,232 2,157 1,168 30.29 126%
16.3期 連 実 44,050 2,462 2,421 1,497 40.4 133%
17.3期 連 実 57,588 3,413 3,341 2,033 57.19 142%
18.3期 連 予 70,000 4,200 4,100 2,800 78.98 138%

 

PER20倍にたいして、EPS成長率は3~40%をキープしている。

 

■事業内容

製造業向け派遣・請負大手。製造工程全体を一括で請け負うサービスに強み。人手不足追い風に取引先工場数増加。ROE高水準。21.3期営業利益82億円目標。大規模受注前倒しスタートで、通期業績予想は上方修正。 記:2017/02/28

 

f:id:AsadaTora:20170521015918p:plain

 

 

 RIZAP グループ

2017年05月19日19時27分

RIZAPグループ---18年3月期の本業利益は実質倍増計画。足元の株価はPER15倍台と割安感


RIZAPグループ<2928>は終値964円(前日比+1.80%)で3日続伸。本日は一時999円まで買われる場面があった。1000円の大台回復は来週以降に持ち越しとなったが、終値ベースでも年初来高値を連日更新した。

引き続き主力のRIZAP事業が業績の牽引役となっており、今期18年3月期は売上収益で前期比57.6%増の1502億円、営業利益で同27.4%増の130億円を見込んでいる。
RIZAPの店舗数は、RIZAP GOLFなどの関連事業含め今期60店舗の出店を予定している。特にRIZAP GOLFを中心とした新規事業の出店を積極的に行う方針。(3月末時点での店舗数は、RIZAP120店舗+RIZAP関連事業10店舗の合計130店舗→今期は合計190店舗への拡大を計画)

ボディメイク事業は、インフォマーシャルなどの施策により高顧客単価のシニア層(50代以上)の新規会員獲得が好調。エドはるみ氏を起用したCMの反響も大きく、問い合わせが大幅に増加しているようだ。シニア層の積極的な獲得により、店舗稼働率が低下する昼間の来店数を増加させることができる。今期はトレーナー稼働率および店舗稼働率1.5倍を目指す。店舗生産性向上により、1店舗あたりの売上を1.2倍以上へ増加させる計画だ。

RIZAPグループ全体としては、前期17年3月期の営業利益102億円のうち、RIZAP事業を中心とした本業の利益着地が約44億円分(利益着地額:約64億円の利益から先行投資費用および赤字事業の損失等の約20億円を引いたもの)。M&Aの際に純資産以下での買収に成功した割安購入益「負ののれん」による押し上げ分が約58億円分であった。
今期の営業利益は130億円の予想のうち、「負ののれん」を除いた本業の利益額が前期の営業利益102億円を上回る予定で、実質的に本業の利益が前期に比べて倍増する計画となっている。RIZAP事業の更なる成長に加え、夢展望<3185>、ジーンズメイト<7448>、パスポート<7577>、ぱど<4833>などの子会社が黒字化する見通しでグループ全体の利益をさらに押し上げる格好となる。

決算発表を受けて、オーガニックな成長とM&A戦略に再評価が向かい、連日で年初来高値を更新しているが、その株価水準はPER15倍台と割安感が強く残る。週明けは1000円の大台回復、2016年7月につけた上場来高値1064円の更新を意識する展開が期待される一方で、同社グループの成長性を考慮した中長期的なシナリオとしては、上場来高値更新はあくまでも通過点としたいところだ。